ドライバーをしてると転職や就職に有利であることをご存知でしょうか?その理由の一つに「資格」がります。この資格は、ドライバーとして就職する前や仕事の合間に自費で取得していると考えているかもしれませんが、多くは会社の「資格取得支援制度」を活用してお金をかけずに資格を手に入れています。また、大型トラックドライバーとして働きたいけど、普通免許しかないという場合も、就職後に大型免許や中型免許など免許取得支援制度を開設している会社も多くあります。もちろん、取得した資格は自分の財産となり、その後どう活用するかは自分次第です。

今回は、ドライバーという職業に興味がある方に向けて、ドライバーをしていると転職や就職に有利になる「資格取得支援制度」について紹介していきます。


資格取得支援制度とは

資格取得支援制度(免許取得支援制度)は、未経験者やドライバーのキャリアアップを目的に設けられた制度です。また、資格(免許)取得後は、取得した資格が活かせるお仕事へキャリアアップできるようサポートすることもこの制度の目的のひとつです。

もちろん、会社によって補助の最高額や仕組み等に違いはありますが、採用難を打破するため多くの会社がこの制度を導入し、積極的かつ効率的な採用活動を行っています。

一般的に資格取得支援制度を利用する条件は、会社に継続して一定期間以上働く方を対象としています。内容は、大型や中型など運転免許を持っていない又は対応していない方や業務に係る資格を持っていない方に向けて、資格(免許)にかかる取得費用の全額または一部を会社が補助しています。

注意が必要なのは、講習費用や教習費用を貸し付けるといった助成する形をとっている会社や、まずは自費で免許を取得し、かかった費用を後から会社が分割で支払うという形をとっている場合もありますので、どんな支援が受けられるのかを事前に確認しておく必要があります。


ドライバーが取得するのはどんな資格?

トラックドライバーは、資格を持っているだけで収入が大きく違ってきます。このため、運転免許以外にもさまざまな資格を取得している方が多くいますが、多種多様な資格がありますので、その後対応できる職種の幅はかなり広がります。具体的に、どのような資格が対象になるのかは会社や業務内容によって違いがあることもありますが、一般的には次のようなものが挙げられます。

大型自動車運転免許
大型免許は10t以上の大型トラックを運転する場合に必要となる免許です。免許を取得した年代によって中型免許を保有している方も多いですが、大型ドライバーは中型ドライバーに比べ約1.5倍収入が増えますので、大型免許を取得して大型トラックを運転するメリットは収入面でかなり有利になるということです。
フォークリフト運転技能講習
フォークリフトは、荷役用のツメ(フォーク)を車体前面に備えた荷役自動車です。フォークリフトは物流や工場、倉庫、小売店、港湾、貨物駅など、多彩な現場で荷物を運ぶために活躍しています。幅広い職業・業界で需要があり、フォークリフト免許所有者を条件として求人している会社も多いです。
運行管理者
運行管理者とは、トラックなど事業用自動車が安全に運行できるように管理・監督を行う運行管理者のことで、国土交通省が認定する国家資格です。自動車運送事業にとって必要不可欠な資格で、企業は保有する事業用自動車の台数によって、運行管理者の必要人数が定められています。
衛生管理者
衛生管理者とは、50人以上の労働者が常にいる事業場で必ず選任しておかなくてはならない資格者のことです。衛生管理者は、作業場での救護活動や作業環境の衛生管理、死傷者等の総計、作業条件の改善など、主に衛生関連の業務と労働者の健康を守る業務を遂行します。
危険物取扱者
危険物取扱者は、ガソリン・灯油・塩素酸カリウム・硫黄・ナトリウム・ニトログリセリンなど、消防法に基づく危険物を取り扱う会社では必ず必要となる国家資格です。工場やガソリンスタンド、塗装関連など、様々な職業で役立てることができます。
消防設備士
消防設備士は、消火器や感知器、スプリンクラーなど、消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置・点検を行うことができる国家資格です。運送事業では、法律でトラックに積載している消火器を定期に点検することが義務付けられています。
通関士
通関士は、輸出入される通関手続き代行や必要書類の作成・提出を一手に引き受ける貿易のスペシャリストです。通関士は難易度の高い資格ですので、誰でも簡単に取れるというわけではありませんが、通関士の資格を取得することで、空港や港湾など、世界中から届くさまざまな物品に携わるため、転職先の候補がかなり広がります。
簿記
物流業界では、事務職も非常に重要な役割を担っています。簿記とは、会社等において、現金、小切手、外国通貨、手形、売掛、買掛など、お金や財産に関する取引記録を帳簿に記録することです。簿記は、経済活動をする会社には必要不可欠な資格であり、簿記2級以上の技術があれば、経理のスペシャリストとして、物流企業、外資系企業、グローバル企業など様々な企業から求められる存在になります。

まとめ

今回は、ドライバーをしていると転職や就職に有利になる「資格(資格取得支援制度)」について紹介しましたがいかがでしたか。もちろん、運送業界は手厚い福利厚生と豊富な仕事量、自由度の高いシフト(勤務体制)が魅力で、安定収入を望む方にはもってこいの職業です。資格取得支援制度を活用して多くの資格を取得し、一般的なサラリーマンより給料が高いと言われているトラックドライバーとして、さらに収入アップを図るというのもアリです。


オススメ記事