はじめに、運送会社を経営するためには必要なものが3つあります。
1つ目には顧客、2つ目には車両を購入するための資金、3つ目はドライバーです。
この3つのうち1つでも欠けていたら儲かるどころか、運営そのものが成り立ちません。
そして重要なのが順番です。

どんなにいい条件の仕事があっても車を買う資金がなければ受注もできません、しかし資金がなくてもドライバーさんがいてくれれば派遣業務を行うことができます。
運送業は今、ドライバーさんを確保できれば絶対に「勝つ」ことがわかっています。
最近は運送業のMAが盛んにおこなわれています。

そこに売り上げがあるからではなく、ドライバーさんがいるからMAするのです。
ドライバーさんの有効求人倍率は3倍に迫る勢いです。
3社が1人のドライバーさんに対してアプローチしている状況です。
※ 参考29年4月期2.53倍(https://www.fujibuturyu.co.jp/headlines/170619/02.html)

そのドライバーさんを確保するための方法を模索・実践・検証をしている企業が本当に少ないのが現状です。
もちろんそれぞれの企業様の雇用条件の面も重要になってきますが、条件以外の「何か」を求めて求職している人たちもたくさんいることを念頭において下さい。
それは、環境であったり、業務内容です。いくら雇用面、待遇が良くてもしっかり長く続けていけない会社ではだめなのです。もちろん、人には相性というものがあります。
その「相性」をうまく合えば長い間、務めあげてくれるドライバーさんを見つけることができます。

では、どこで見つけましょう?
それは数多くの人たちへ自分のプロモーションをすることが必要です。
結婚相談所や選挙といった誰かに「選んで」もらうためには情報を数多く公開しないといけません。
それも、決まった場所に決まった時間、期間だけでは到底、数多くの方たちの目に触れることはありません。数多く目に触れてもらえる場所は、そう、インターネットです。ここは日本国内だけじゃなく世界へむけたマーケットです。ここに年間とおして公開できれば場所の確保は完成です。あとは「何を」公開するかです。当然自分を良く見てもらうためにはおしゃれをしたり、お化粧をしたりすることと思いますが、それはポテンシャルを見せるにすぎません。実際のパートナーを探すときは当たり前ですが容姿だけでなく「相性」が重要になってきます。
文字と写真だけのプロフィールだけでは全く足りません。
そこで、「何を」の部分は動と声、そして意識となります。嘘偽りのない素直な考え方をいつもの表情で語れれば、そこに共感を待ってくれる人が必ずいます。

企業は生き物であり、十人十色、千差万別です。
100人中100人が評価する人は存在しません。仮にその中の1人と出会えることが一番重要であり、プロモーションの大切さがわかってもらえることと思います。
儲かる運送会社にするためには人材を集めることです。そしてその多くは会社・社長のファンであることが限りなく求められます。

【企業プロモーション動画の作成会社】
  • 株式会社モーション・ビジュアル・ジャパン
  • 株式会社LOCUS(読み:ローカス)
  • 株式会社サイリング(英文表記/Cyring.,Co.Ltd)
【ドライバー専門の求人サイト】
  • ぶるる
  • ドラジョブ
  • ドラピタ
【プロモーション動画付きドライバー求人サイト】
  • ドラEVER

オススメ記事