タクシー運転手は大変できつい、そのようなイメージの人も多いかもしれませんが、実はタクシー運転手は良い仕事なのです!
と言われても、どんな風にどんな点がいいのか、ピンとこない方かもしれません。
今回は、タクシードライバー(タクシー運転手)は、どのように良い仕事なのかといったことについてご紹介しますね。


自分で自由時間を見つけられる

タクシー業界は完全なる「実力社会」ですから、売上実績の結果さえ残せば、基本的に会社からとやかく言われることはありません。
やはり会社なのでコンプライアンスなどもある上に、GPSや車載カメラでどこにいるのか、どのように移動したのかがわかってしまうので露骨にサボることはできませんが、上手に振る舞えば有効的に時間を使うことができます。
タクシー運転手の営業スタイルの1つである「流し」では、お客を獲得できる時間帯やルートを上手に決めることができれば、働きながらドライブができるという利点もあるのです。


平日休みも楽しい

タクシー運転手の勤務形態は、日勤・夜勤・隔日と3つにわかれますが、不規則な勤務形態なので、土日が休みという訳ではなく平日の休みもあります。
人によっては、この平日休みがとても良い休みになることでしょう。
アミューズメントや飲食店は、休みの日には混雑していますから、特に人気がある所は訪れることを諦めてしまう場合もあるかと思います。
しかし、平日ならば休みの日より利用人数が少ないので、人気の飲食店でも、アミューズメントでも諦める必要はありません。
そして、平日は利用代金が安い所があるのもメリットです。
旅行に出かける時など、週末より宿泊代金が安くなりますし、ゴルフも週末より平日の方がプレー代金が安く、そのうえ空いています。
役所での手続き、病院の受診も平日に休みを取る必要もありません。
平日に休めることは非常に魅力があります。


収入が自分の結果次第

タクシー運転手の給与のほとんどが歩合制です。
歩合制とは、個人の売り上げ・成績に応じて計算する給与制度のことで、歩合制ではタクシー運転手の頑張りしだいで収入はガンガン上がっていきます。
もちろん、ただ頑張っていてもお客は増えないので、努力と頭を使って営業スタイルを工夫しながらお客を獲得しなければなりません。
簡単な道のりではありませんが、努力と工夫が実ってくれば高収入を実現できます。


新しい発見ができる

タクシー運転手は日々運転し新しい道も走るので、その新しい道で新しいお店などを発見することも珍しいことではありません。
普通に生活していても日々のルーティーンは大体決まっていますので、わざわざ新しい道を通ることは少ないと思います。
タクシー運転手は仕事が新しい発見です。
他にも、新しい土地で暮らしを始める時もタクシー運転手は良い仕事です。
仕事をしているだけで道に詳しくなりますし、タクシー運転手は地元に詳しいので仕事仲間に話を聞くだけで地元の名物や美味しい物に出会うことができます。
地元でタクシー運転手として腕を上げたなら、新しい土地でタクシー運転手を始めても楽しいかもしれません。


転職する年齢が良い

一般的な仕事では転職する年齢に制限があることが多く、ほとんどの会社が40代になってくると採用枠が無くなります。
しかし、タクシー運転手は40代50代でも入社を歓迎するところが多く、さらに未経験でも採用してくれるところもあり、中には60代でも採用してくれる会社もあります。
タクシー会社によっては、寮の準備もあったり仮眠室や大浴場が完備されているところもあります。
このような好待遇な環境の中で働くことができるのもタクシー運転手の魅力です。


運転のスキルが上がる

タクシー運転手は運転することが仕事なので、自ずと運転スキルが上がります。
車の駐車はもちろん、車線変更や合流はスムーズにできますし、車の事故の危険察知能力も上がります。
何より、長距離運転にも強くなります。
タクシー運転手という運転のプロならば、普通の人の2倍以上は長く運転できるはずです。
さらに、運転のプロは、常にお客の事を考えて運転しているので、同乗者に優しい運転が身に付きます。
家族、彼女をいろいろな場所へ連れて行ってあげたり、旅行へ連れていってあげるとき、いつも快適なドライブを楽しませてあげることもできるでしょう。


コミュニケーション能力が上がる

タクシー運転手の仕事は様々な人と接します。
サラリーマンから酔っ払い、障害者、時には芸能人をお客にすることもあります。
サラリーマンには仕事の悩みや愚痴を聞かされることもありますし、酔っ払いには、怒鳴られたり怒られたりすることもありますが、それをうまく交わしながら、お客を目的地まで送り届けなければなりません。
芸能人は、サインや写真を求めたいところですが、相手はプライベートですので、そのような行為も迷惑になるかもしれませんね。
タクシー運転手の仕事は常にお客の事を考えて行動し言葉を発するのでコミュニケーション能力が上がります。


まとめ

タクシー運転手の仕事というと、ネガティブなイメージがつきまとっているという人もいるかもしれません。
ネガティブなイメージとは、「きつい」、「大変」、「時間が不規則」などです。
しかし、仕事というものは基本的に楽な仕事はありません。
ですから、社会で生きている人たちはみんなそれぞれ、それぞれの業種でストレスを抱え、収入に合った生活をしています。
また、仕事を選ぶ際には、その仕事にどのような喜びやりがいを感じるかで自分に合った仕事を探し、選択しています。
こちらでご紹介した魅力・メリットがあなたに合うならば、タクシー運転手(タクシードライバー)の仕事は、あなたに向いているといえるでしょう。
少し視点を変えてみるだけで、タクシードライバー(タクシー運転手)はとても良い仕事ですし、魅力的ですよ。


オススメ記事