タクシードライバーは稼ぎ方によって、大きく年収が変わるようです。

「きつい」、「つらい」、「年収が低い」というような噂を聞いたことがある方も少なくないかと思いますが、一方では「タクシードライバーは月収50万円以上稼げる」という話も聞きます。

タクシードライバーはどのように稼ぎ方をすると、年収アップできるのでしょうか?


そもそもタクシードライバーの年収ってどのくらい?

タクシードライバーの給与体系は歩合制がほとんどです。

歩合制は営業成績が給与に直結するので、一概にタクシー運転手の年収はこれくらい!というのは難しいのです。

しかし、一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会が調査した「平成28年タクシー運転手の賃金・労働時間の現況」によると、男性タクシードライバーの賞与込み年間賃金の平均額は332万円でした。

国税庁が調査した「平成27年分 民間給与実態統計調査」では日本人の年間平均給与は420万円ですから、タクシードライバーは約100万円、年収が低いということになります。

このように一見すると、タクシードライバーは稼げずに年収が低いと感じますが、先に記した通り、タクシードライバーは歩合制なのであくまでも平均であり、稼いでいる人は稼いでいるのです。

ただ、平均で見るとわかるように、たくさん稼ぐことができているタクシーの運転手が少ないというのも事実です。

もし、タクシードライバーを職業とするなら、しっかり稼げる稼ぎ方で運転手業務をしたいですよね。


稼げるタクシードライバーはこんな稼ぎ方をしている!

稼げるタクシードライバーは効率的に仕事をしています。

お客を乗せることは当たり前のことですが、お客を降ろした後、元の場所に戻るのではなく、降ろした場所の近くでお客を探します。

また、お客を探す場所も効率的にしなければなりません。

駅のロータリーやホテル、ショッピングモールなどで停車しお客を探すことを「付け待ち」と言います。特に人の出入りの激しい場所はお客を獲得できる可能性が大きいですが、当然、同じことを考えているタクシードライバーも多くいます。

つまり、人の出入りが激しい場所=競争率が高い場所ということになります。

いかにしてお客が乗っていない空車時間を減らすか、移動時間を少なくしてお客を探すか、効率良く行動できるタクシードライバーが稼げるドライバーと言えます。


タクシードライバーの稼ぎ方のポイントは…とにかくお客獲得のための研究を続けること!

稼いでいるタクシードライバーはお客を獲得するための研究を続けています。

一方、稼げていないタクシードライバーは、まず先に愚痴が聞こえてきます。例えば、「不景気だから」、「公共機関が優れている」、「そもそもタクシーの運転手は収入が低い」などです。

そして、稼げないタクシードライバーは、お客がいないから稼げないと嘆いています。

しかし、どんな仕事でも楽をして稼いでいるわけではなく製造業も作ったものを買ってもらうように研究をしていますし、販売業も品物を買ってもらえるように研究しています。

お客から選んでもらうことはタクシードライバーも一緒であり、お客を乗せないことには収入は見込めません。


タクシードライバーの稼ぎ方【研究ポイント】

まずは、お客が求めている「目的地へ安心して移動できる手段」として、道や渋滞時間など、お客を目的地に送り届けるための情報収集や研究が必要です。

さらに、乗っていただいたお客を退屈させないように営業トークの研究や、地域の歴史や観光スポットなどを研究すると良いでしょう。

そして、どこに行けばお客を獲得できるのかを研究します。

「付け待ち」もどのような場所がお客が多いのかという点を見極めることが大切ですし、さらに他のタクシードライバーの「付け待ち」が少ないところを探すことも必要です。

さまざまな移動場所で効率の良い「付け待ち」ができるかなどを研究することで、お客の獲得率がアップするでしょう。


タクシードライバーで稼ぐという気持ち

タクシードライバーの仕事が楽しくてたまらない、まったくストレスがない!というような人は少なく、実は、辛いこともあると感じる人も多いです。

どのような仕事でも同じことがいえると思いますが、特にタクシーの運転手の給与形態は完全歩合制なので、お客を獲得できなければ収入が増えません。

また、車を運転するというのが仕事のはずなのに、お客の話に付き合ったり、酔っぱらったお客の介抱をしたり…ときにはトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

いわれなきクレームを受けるなど、辛いことが多くストレスが溜まって、タクシードライバーを辞める人もいます。

しかし、何度も言いますがどこの社会でも辛いことはありますし、ストレスがたまることもあるので、タクシードライバーだけが辛くてたまらない仕事というわけでは決してありません。

タクシードライバーという仕事を理解し、辛いことを受け入れ、この仕事で生活していくんだという強い気持ちを持つことで、給与、年収アップが望めるようになります。


まとめ

たくさん稼いでいるタクシードライバーがどのような稼ぎ方をしているのかということについて調べご紹介しました。

また、稼げないタクシードライバーは、なぜ稼げないのかといったことについてもまとめました。

タクシードライバーの効率よい稼ぎ方をまとめると、

  • 無駄をはぶき、効率的にお客を乗せるための研究をする
  • タクシードライバーとして努力を重ねること
が大切!ということが分かりました。

タクシードライバーの中には月に50万円以上稼ぎ、休みもしっかりとって良い生活を送っている人もいます。

どこまで、本気でタクシードライバーの仕事に打ち込むことができるか、いかに効率よく仕事をできるかによって稼げるか稼げないかが決まってくるでしょう。


オススメ記事