ドラEVER 2020年度の取り組みと新サービス

第4回ドラEVERサポートセミナー コンフォート水道橋 2020/2/20にて開催したセミナー内容です。

目次

※セミナー動画

ご閲覧有難うございます。
今回は、『ドラEVER 2019年度の実績と2020年度の新サービス』と題しまして、2019年度の実績と2020年の取り組み・新サービスのご紹介をしてまいります。。


ドラEVER PV閲覧数推移

スライド.1

まず、こちらの図をご覧ください。
こちらはドラEVERに訪れる閲覧者数の推移をグラフに纏めたものです。

2017年1月からFMラジオ局NACK7と関西のラジオ局にてラジオCMを開始。ドライバー応援ソング『DRIVER』を、バンドヴォーカルのNOXAHさんとコラボレーション、ドラEVERのイメージソングが発売され、反響頂きました。
その後indeedに広告出稿、フジテレビ「バイキング」の番組内でテレビCM放送、ラジオ・チャリティー・ミュージックソンに協賛。
2019年に入ってから、飲酒撲滅プロジェクトSDDに協賛、TBS「サタデープラス」の番組内でテレビCM放送、念願の東京オフィスが銀座に設立されました。

11月には、セブンイレブンとコラボレーションでドラGODを採用した「ドラエナジー」というエナジードリンクを販売させて頂きました。

グラフを見て頂くと、11月、12月と落ちてしまっているのですが、この時期は求職者が少ないこともあり、マイナビさんからドライバーさんの求職者を得るのに苦戦しているというお話を頂き、コラボ企画を行っています。
マンモス企業であるマイナビさんからお声を掛けて頂けるというのも、成長の証かと思います。

また、2020年2月に放送されたTBS「がっちりマンデー」で、ドラEVERをご紹介頂けました。

2017年の設立から今年で4期目、今期はより多くのメディア戦略を実施し、更なる飛躍を目指してまいります。


ドラEVERの成長

スライド.2

次にドラEVERの成長を見ていきたいと思います。
2018年の月間PV数は31万PV、2019年では83万PVと約2.6倍
2018年の取引社数は572社、2019年では1264社と約2.2倍
2018年のユーザー数は5万人、2019年では15万人と約3倍
2018年のスカウトユーザー数は1995名、2019年では4982名と約2.5倍
と、大幅に上がっていることが判ります。


なかでも閲覧ユーザー総数はとてつもない数値となりました

スライド.3

中でも閲覧ユーザー数は驚く数字となっています。
全国の一般貨物ドライバー総数は約80万人と言われています。
ドラEVERのユニークユーザー数(サイト利用者数)は、なんと年間108万人。
東京ドーム約21杯分
のユーザーが訪問していたことになります!


掲載企業にとって重要となる年間応募件数は前年度の約2.7倍!

スライド.4

そして企業様にとって最も重要になる採用に結び付く年間応募件数は
2018年で6702件、2019年では18552件と約2.7倍!
今期はさらなる飛躍をお約束します!


2020年の取り組みと新サービスについて

スライド.5

2020年の取り組みと新サービスについてご紹介してまいります。


2020年の主な取り組みとしてVCからの資金調達決定に伴い新サービス拡張・大型プロモーション戦略を実施

スライド.6

2020年の主な取り組みとしてVC(ベンチャーキャピタル)からの資金調達が決定致しました。これにより、新たなサービスの拡張と、 上半期の大型プロモーション戦略を打ち出すことが決定しました。

投資の最大目的は「株式公開」になります。

こうした取り組みに力を入れるのは、弊社が「プロモーションの重要性」に着目をし、重きを置いている為です。
物流会社の上場企業の台頭は佐川・ヤマト・日通・郵政となりますが、そのほかにも上場会社は数多く存在していますが、認知度はあまりに少なく、業界人しか認識をしていないのが現状です。
つまり、物流会社のイメージは、先ほど挙げさせて頂いた企業によって作られています。
そこで重要となるのが、物流会社の98%が中小零細であるため、「本当の姿」を伝えることが出来ていないのです。
私たちが物流業界の良いところをアピールできさえすれば、人気職種にすることが出来る、つまり、物流事業者の発展・ドライバー職の地位の向上につながるのです!


プロモーション戦略

スライド.7

スライド6でお話した、プロモーション戦略について詳しくお話していきます。


2020年上半期に約1500万円をうわのせし、広告とプロモーションを実施します

スライド.8

2020年は、ドライバー職 求人媒体の地位確立・認知度向上を目指し、ラジオCM訴求・テレビCM訴求・WEB広告に投資をし、上半期に約1500万円をいままでかけてきたひように上乗せし広告とプロモーションを実施します!


プロモーション実施による流入増加目標

スライド.9

今期の目標はより多くの求職者を呼び込み、掲載企業様にドライバー充足の促進を掲げ、ドラEVERは200%以上の成長をするとお約束します。

そこで弊社に求人をご掲載中の企業様へのお願いです。
求職者の流入増加が予想されますので、2月以降の求人情報の見直し更新を是非実施してください。


反響が上がる求人情報修正事例

スライド.10

幾つか修正のご提案を致します。

1.他社にはない特色を前面にアピールすること!

職種・業態などから他企業と求人情報が重複してしまいますが、【ここだけはNo.1だ】という企業の強みを見つけ、定時していただくことで、他企業との差別化・リードを広げ、求人応募へ促します。

2.マイナスな印象を与える情報を削除する!

世間でブラックと言われているキーワードを求人情報から削除しましょう。
「やる気があれば…」「頑張り次第で…」「人物重視…」「幹部候補生募集…」などは、ブラック企業によくある特徴として挙げられているため、求職者に警戒心を与えてしまいます。

逆に求職者が興味を持つキーワードとして、【寮・社宅あり】【賞与あり】【退職金あり】【昇給あり】【長距離】【スーパー配送】【センター便】【ルート配送】【専属車両】などを盛り込むと良いでしょう。

また、近年口コミサイトやSNS、動画による風評被害も見受けられますので、見つけた場合は削除の申請、事前に予防策を講じて下さい。

3.古い情報は更新する!

ドラEVERでは求人情報を更新すると、求人検索の表示順位が上位に表示されるようになります。


人材紹介サービス

スライド.11

次に、2020年の取り組みとして人材紹介サービスを打ち出します。


ドラEVERは2020年6月に有料職業紹介事業を開始する予定です。

スライド.12

ドラEVERは2020年6月に有料職業紹介事業を開始する予定です。より「 短期間」、より「マッチした人材」を確保いただくことが可能になります。


人材紹介サービスについて

スライド.13

人材紹介サービスについて詳しくご説明してまいります。
求人・採用活動に時間を割くことなく、即戦力となる人材を確保できるサービスです。
応募者の受付や選考、面接等、採用に関わる時間を大幅に減らす事ができ、採用決定までのコストの発生がなく、採用費用を削減できます。専用コーディネーターが貴社のご要望を把握し、貴社に適切な人材をご紹介します。


物流業界の深刻な状態

スライド.14

人についてお話をしてきましたが、次に現在の物流業界にとって深刻な問題についてお話をしていきます。

昨年話題になっていた「コンビニ大量閉店」のニュースは記憶に新しいかと思います。
ですが、これは何もコンビニ業界だけの問題ではありません。


コンビニが大量閉店するということは…

スライド.15

こちらは現在のコンビニ関連の物流の流れになります。

原資供給がベンダーに送られ、商品供給として配送業者に送られ、コンビニへと送られていきます。消費者は施設を利用したり商品購入をしています。コンビニで廃棄処分がでると収集運搬業者が収集をし、焼却の為ゴミ処理施設へと運びます。


コンビニが大量閉店するということは…こうなる!

スライド.16

これがコンビニが大量閉店する、ということは、まず生産量が減少します。今までは100必要であれば120生産、80必要であれば100生産といった形を取っていましたが、AI導入などから80必要なら80生産をする、といったジャストインに時代が変わりつつあります。生産量が減少すれば、当然物流量も減少します。トラックがあまり、直接利益率に関わる燃料コストなどの見直しが必須となってきます。また、コンビニが減少すれば廃棄量も減少し、労働力が不要になってきます。同じようにゴミ処理場の稼働率も低下するでしょう。
つまり、関連している企業全体に影響を及ぼし、【経済の鈍化】に繋がってしまうのです。
深夜に働く人の多くは、『同じ時間働いて多く稼げる』ことから、深夜を希望する場合が大多数です。
こうなった時に、今まで深夜に働いていた人は、『免許があれば手っ取り早く稼げる』という理由でドライバー職に就く方も多いかと思います。
結果として人が多くなる可能性もあるのですが、そうなると今度は雇ったドライバーを休ませるには行かなくなるため、仕事が増えるようになります。
安い単価で仕事を請け負うようになると、20年前の状態に逆戻りをしてしまうのではないでしょうか。
ただ人を集めるだけでは立ち行かなくなってしまう、その点を私たちは杞憂してまいりました。


運送会社と荷主を結ぶマッチングサイト【AKADORA】

スライド.17

そんな運送会社さん達の為に、私たちに何が出来るのか。そこで考えたのが、『仕事を斡旋しようじゃないか』ということです。
運送会社と荷主とを結ぶマッチングサイト、『AKADORA』を新サービスとして提供することに致しました。
現在ユーザー同士をマッチングするビジネスマッチングというサービスを提供していますが、それとは別にメーカーから直接仕事を請け負うことが出来れば運賃も上がるのではないかと考えました。

  • 企業情報を掲載して新規顧客を拡大!
  • BtoBマッチングで売り上げをUp!
  • サイトはいつでも上位表示でSEO対策も万全!
  • 自社サイトが無くてもOK!企業PRページ!
  • 同・異業種など企業を発見、こだわり検索!
  • イメージを伝えるのに最適な豊富な画像掲載!

企業情報掲載でメリットがいっぱい。
「AKADORA」は今までにない運送会社検索サイトとして誕生します!


ドラEVERとAKADORAをご利用いただくことでワンストップサイクルをご提供します

スライド.18

仕事が増えればドライバーが不足をします。不足をしたらドラEVERでドライバーを確保し、ドライバーが増えれば仕事が必要になるため、AKADORAを使い仕事の提案や新規顧客を開拓、企業マッチングで仕事を増やすというサイクルが生まれます。
ドラEVERとAKADORAをご利用いただくことで、人材覚悟・BtoBマッチング、売上アップのワンストップサイクルをご提供します!

「AKADORA」は様々な用途でご活用いただけます。

  • 企業検索・詳細情報の閲覧
  • BtoBビジネスマッチング
  • 企業ブランディング知名度の底上げ
  • 自社サイト、サテライトサイトとして運用
  • 集客にかかる広告費の削減

運送会社の成功法、ドラEVERは運送業の3大要素を担います

スライド.19

運送会社の成功法、ドラEVERは運送業の3大要素【人材】【仕事】【燃料】を担うサイトへと発展します。
人件費と燃料で運送コストの約半分をドラEVERが担います。
【人材】のドラEVER、【仕事】のAKADORA、そしてもう一つ、既にグループ会社である株式会社照栄で事業を進めております、【燃料】、となります。


2020年の取り組みと新サービス【燃料共同購入事業】

スライド.20

2020年、ドラEVERの取り組みと新サービス、最後は【燃料共同購入事業】です。
運送事業にかかるコストの約40%が燃料費と言われています。
この燃料を共同購入することで、コストを削減するのが狙いです。


2019年実績と2020年計画

スライド.21

2019年度ドラEVERは、前年比で
月間PV数261%Up
取引会社数220%Up
ユーザー数294%Up
スカウトユーザー数249%Up
年間応募件数276%Up
と、大きく飛躍をしてまいりました。

2020年のドラEVERは
テレビ・ラジオ・WEB広告を活用したプロモーションを実施し、
人材紹介サービスを2020年6月以降を目途に開始、
運送会社検索サイト【AKADORA】の公開を5月くらいを目途に、公開予定、
燃料共同購入事業の開始、と運送業の発展のため、全力で取り組んでまいりたいと思います。