車好きの方にとって、ドライバーは憧れのお仕事だと思います。様々なドライバーの求人情報がありますが、当然、運転する車両によって求められるスキルは異なります。

バスドライバーになる為には

バスドライバーになる為には

バスを運転するには、大型第二種自動車運転免許を取得する必要があります。この免許を取得するには条件があり、「普通・中型・大型・大型特殊のうち、いずれかの第一種免許を所持している」「年齢が21歳以上である」「免許の取得から3年以上経過している」この3つを満たしている場合のみ取得可能です。

また、就職先により、運転能力の他にもスキルを身につける必要があります。例えば路線バスのドライバーなら、運行路線の停留所や地理の記憶、アナウンスの方法などの研修を修了したのちにデビューとなります。

タクシードライバーになる為には

タクシードライバーになる為には

タクシードライバーに必須の二種免許は、大型第二種自動車運転免許と同様の条件を満たすことで取得が可能になります。お客様を乗せて営業する為には、この二種免許が欠かせません。しかし、入社後に取得を目指せるタクシー会社が多くありますので、未経験の方で挑戦される方も多くいらっしゃいます。

また、タクシードライバーとしてデビューする前には、接客マナーや無線の使い方などを研修で学びますので、安心して応募できるお仕事です。

トラックドライバーになる為には

配送する荷物によって運転する車両が異なる為、それにより必要になる運転免許も異なります。資格は、基本的に職種に応じた運転免許で十分ですが、フォークリフト免許・クレーン免許・玉掛けの資格などをお持ちでしたら、仕事の幅が広がります。

学歴よりも資格が重視されるお仕事ですが、大型トラックドライバーの求人情報の中には「同じ職種の経験が1年以上あること」「免許の取得から1年以上経過していること」などの条件がある場合もあります。もちろん、未経験でも応募できる求人情報もありますのでご安心ください。

一般的には、2トントラックのドライバーから段階を踏んでスキルアップしていき、最終的に大型トラックドライバーになることが多いようです。

ドライバーの求人情報をチェックするなら、求人ドラEVERをご利用ください。バス・タクシー・トラックはもちろん、自販機補充・運転代行・ダンプなど、様々なドライバーの求人情報を掲載しています。