トラックドライバーに興味がある方は、どのトラックがどのように活躍・収入があるのか気になると思いますが、こちらでは、4トントラックドライバーの魅力をご紹介します。
4トントラックは、どのような免許で運転ができるのか、具体的にどのような魅力があるのかなど、トラックドライバーに興味がある方に向けた必見情報です!


4トントラックを運転できる条件とは

まずは、4トントラックを運転できる条件を見てみましょう。
普通免許で運転ができるのですが、これには条件があり免許を取得した時期によります。2007年に法改正により普通免許で運転できる区分が変わりました。法改正以前ならば4トントラックまで普通免許で運転が可能で、今でも普通免許で運転ができます。
法改正以降は中型免許が新設され、中型免許を取得する必要があります。その大きな理由の1つに交通事故削減の狙いがあり、実際に、第一の交通事故当時者が事業用貨物自動車の統計を見ると2007年以降の交通事故は減少しています。
このように、2007年以降は中型免許を取得しなければ4トントラックは運転できなくなりました。しかし、中型免許は誰でも取れるかというとそうではありません。
中型免許を取得するには、以下の条件があります。

  1. 年齢が20歳を超えていること
  2. 普通免許等を取得し通算2年を過ぎていること

4トントラックはいろいろと楽しみが増えます

4トントラックの運転には、もちろん気を付けなければならない部分もありますが、運転席が高くなることで運転する風景が爽快になったり、乗用車では見ることのできない景色を見ることができるなどいろいろと楽しみが増えるのも事実です。
他にも、4トントラックの楽しみ方があるのでご紹介します!

エアブレーキ

エアブレーキをご存知ですか? トラックの後ろや前を走っているとトラックから「プシュー」という音が聞こえてきます。
この音は、トラックがエアブレーキを使いその時に使った圧縮された空気が抜ける音です。
エアブレーキの仕組みは荷物を積んだトラックは重くなり、重いトラックを止めるには大きな制動力が必要となります。制動力を求めるため圧縮率の高い空気をコンプレッサーで高圧にすることで油圧ブレーキより高い制動力を得るのです。
エアブレーキはトラックならではであるとともに、国交省より注意喚起がでるほど使用に注意が必要なブレーキではありますが、あの「プシュープシュー」という音を聞くとトラックを運転している実感が湧くのです。

車内ベット

4トントラックにもなると、ほぼベッド付きの車両がほとんどです。
理由は長距離輸送があることが多いからです。純正の装備で快適に過ごせるかというと難しいですが、純正部品以外にもトラック内のベットを快適にするアイテムも沢山登場しています。
そのようなアイテムを使うことで車内の環境は劇的に変わります。

長距離

運転が好きな方には、この上ない仕事であるトラックの運転手です。
お金を貰って運転するうえに、運転が好きな人は新しい発見も好きなはずです。新しい土地へ出かけると待っているのが観光場所。ご当地グルメや地酒が魅力ですよね。
他にもトラックドライバーを続けているとドライバー仲間が増えるはずです。仲間と情報を共有することでさらに地元の美味しい物の情報が入ってきます。
新しい魅力を発見したい方にはお勧めの仕事です。

デコトラ

トラックの仕事をしているとトラックに愛着がわきます。
トラックは相棒であり、トラックがいなければ仕事が成り立たない上に生活も成り立ちません。映画「トラック野郎」でも主人公の菅原文太さんがセリフを述べたように「可愛いからっすよ。何しろこいつは苦労を共にしていますから」とトラックが可愛くなってきます。
可愛いトラックにオシャレをさせたい、自分だけのトラックにしたいなどトラックを愛するからこそデコトラは生まれました。
相棒が個性を増すほど愛着は深まっていきます。
現在ではトラックに絵を書くだけでなくLEDなどの装飾類も多数存在し、オリジナル感を演出することもできます。
トラックドライバーには収入の魅力や運転の楽しさだけではなく、それ以外にも楽しさが溢れています。デコトラはトラックを愛するからこそ楽しいのです。


積める量が多い!稼ぎが2トンより1.5倍から2倍

ここまで4トントラックの魅力を説明してきましたが、一番の魅力は2トントラックドライバーより稼ぎが良いというところです。
一般的に2トントラックドライバーの月収は20万円ほどですが、4トントラックドライバーの月収は25万円~30万円ほどになります。
さらに、ボーナスもある場合が多いので2トントラックドライバーより高い収入が見込まれます。4トントラックで上手に稼ぐ人は年収700万円を超える人もいますよ。
4トントラックドライバーは魅力溢れる仕事なのです。


まとめ

4トントラックについて詳しくご紹介しました。大いなる魅力は伝わったでしょうか。
4トントラックは免許取得時期によっては普通免許で運転ができるので、場合によっては ヤル気がある人はすぐにドライバーになることができます。
それ以外にも、中型免許を取得すれば運転ができます。普通のサラリーマンより収入が見込めるという話もあるので、運転好きの新しい土地が好きな方は、トラックドライバーへの転職を考えてみるといいかもしれませんね。


オススメ記事