企業の経営者ややらなければならないことは数多くありますが、その中でも最も大事なのが従業員のことを正しく理解することではないでしょうか。

世の中には、従業員のことを正しく理解せず、経営者の一存で何事も進めてしまっている企業が数多く存在します。そのままでも景気が良い時は良いかもしれませんが、景気が傾いたり問題が起こったりした時に従業員が離れていく可能性は十分あります。

ここでは、経営者として本当に従業員のことを理解しているのかを知るために確認したい、四つのポイントについてお話ししたいと思います。本当に従業員のことを理解できているのか、チェックしてみてください。


従業員の話を聞いているか?

従業員を理解していない経営者の典型的なパターンとして、全く人の話を聞かず自分の話ばかりするということがあります。

発言力やバイタリティがあり強いリーダーシップを持って組織を率いる経営者を目指す人が、勘違いしやすいところです。確かに、強い実行力と発言力で周りの人間を率いていくことは、経営者として非常に重要な部分です。しかし、周りの人の意見を全く聞かず一人で進めて行けるほど、会社経営は甘いものではありません。

経営者として、従業員の話に耳を傾けているでしょうか?うちの会社の社員は不満など無いはずなどと思い込んでいるケースが、最も危ないのです。従業員の話を聞かなければ不満を知る術がありません。それは単に、経営者の耳に情報が入ってきていないだけかもしれません。

自分は一切口を出さず、従業員の話をじっくり聞く機会を設けているでしょうか?それがなければ、経営者として従業員を理解することなどできないでしょう。


従業員の能力を把握しているか?

従業員の仕事の能力を把握しているでしょうか?

従業員の能力を過大評価して無理な仕事を押し付けている、逆に、過小評価して仕事を任せていないということはないでしょうか?経営者は従業員を使って企業経営を行っているので、従業員の能力を正しく把握する必要があります。

従業員を過大評価し結果を残して当たり前という態度を取り続けると、従業員は付いてこなくなるでしょう。自分の能力以上の結果を求められ、苦労してやり遂げてもそれが当たり前という態度を取られれば、もっと自分を評価してくれる他の職場に行きたいと思うのは当然のことです。

逆に、従業員を過小評価するということは、従業員を信用していないということです。従業員のやり方にいつも口出しをすれば、従業員は仕事をやりづらいと感じるでしょう。そして、従業員の能力を認めずそれ相応の給与を支払わなければ、やはり他の企業に転職してしまうことが目に見えています。


従業員が働いて当たり前と思っていないか?

従業員のことを正しく理解するということ以前の問題として、経営者が従業員は働いて当たり前という認識しか持っていないというケースもあります。従業員たちに感謝の気持ちが無く自分のために働いて当たり前としか考えていない経営者のもとには、従業員が集まらないでしょう。

従業員は経営者の下僕ではありません。仕事をしてもらうことでそれ相応の給与を支払うという契約関係が成り立っているだけです。ですから、従業員はもらった給与額に応じて働くのは当たり前ではありますが、それ以上のことを求めることはできません。

しかし、従業員たちと良い関係を築いている経営者は、契約関係以上の信頼関係を長い時間かけて築いています。お互いが信頼し合っているからこそ、給与とそれに見合う労働を取引する以上の関係を築くことができるのです。良い経営者は、従業員たちに常に感謝の気持ちを持ち、従業員たちが気持ちよく働ける環境を作る努力をしています。


従業員の家族構成を把握しているか?

従業員の家族構成を把握しているかということは、単に一つの例にすぎません。要は、経営者がどれだけ従業員のことを知っているかを測る指標として、家族構成を知っているかと聞いただけです。従業員を大切にしたいなら、従業員の生活を大切にしたいと考えるはずです。すると、彼らにとって大事な夫や妻、子供、親などに考えが至るのは当然のことです。

ある経営者は全従業員とその家族の誕生日を覚えていて、その日にはお祝いメッセージを贈るそうです。従業員が大事ならその家族ももちろん大事です。それを経営者自らが形にすることで、従業員を大事にしているという気持ちが従業員一人一人に伝わるでしょう。

そして、従業員には大事な家族がいることを知っていれば、どうすれば従業員の暮らしを良くしていけるのか、現状の昇給制度は問題ないか、有給休暇制度は、社会保障制度はどうかなど、具体的な従業員のための制度について考えることができるはずです。

まとめ

従業員のことを本当に理解しているか、いくつかのチェック項目をご紹介しました。

従業員の話を聞く機会を設けているでしょうか?従業員の能力を把握し、従業員に感謝の気持ちを持っているでしょうか?従業員の家族構成を知っていますか?

これらのことを常に頭に入れて従業員を正しく理解することで、従業員が本当に求める職場環境を整えることができます。そうすることで、会社はもっと良くなっていくでしょう。


オススメ記事