タクシードライバーの仕事は、「キツイ」、「大変!」など耳にする人も多いかと思いますが、その分「給料は良いらしい。」という噂も。
実際のところ、タクシー運転手(ドライバー)の給与事情はどのような感じなのでしょうか。
調べてみると、様々…のようです。
こちらでは、タクシードライバーの気になる給与事情について調査し、まとめました。
稼げる地域、稼げる勤務、稼げるポイントなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


タクシードライバーの給与はどのように決まる?

タクシードライバーの給与の決まり方は、大きく分けると3つあります。
その3つとは、「固定給+歩合+賞与」のA型賃金、「完全歩合制」のB型賃金、「A型賃金+B型賃金」です。

A型賃金

A型賃金は、固定給があり、会社が定めるノルマを超えると歩合部分が固定給にプラスされる形で会社が定めた賞与もあります。
特にタクシードライバーをこれから目指す新人には安心できる給与体系であり、固定給をもらいながら自身のスキルを高めることができるというメリットがあります。
しかし、このような給与体系を取り入れている会社は多くありません。
タクシードライバーは、外回りをする営業マンと一緒であり、タクシードライバーの頑張りが会社の成長につながります。
それを促すのは「働き結果を残せば給与が上がる」という心理面が大きいので、A型賃金が少ないのが現状です。

B型賃金

A型賃金のように固定給ではなく基本給がある、もしくは基本給もなく完全に歩合制の給与体系で賞与もありません。
しかし頑張れば頑張った分が自分の給与に反映されますし、会社も成長します。反対に、成績が残さなければ給与も上がらなければ、会社も成長しません。

A型賃金+B型賃金

A型賃金とB型賃金を合わせた給与体系ですが、足し算引き算は会社によって様々です。
固定給と歩合を時間・日・月などで計算し会社が定めた給与計算方法で計算します。
さらに、計算された給与の中から前もって社員の積立金を差し引き、積み立てられた金額は年に2.3回に分けて賞与という形で支給します。
注意していただきたいのは、これは一例でありタクシー会社で計算方法や歩合率が変わります。


全国のタクシードライバーの平均年収ってどれくらい?

全国のタクシードライバーの平均年収を調べてみたところ、株式会社交通新聞の資料を見ると、2018年の平均年収は348万円でした。
一番年収が高いのは東京で470万円、地方に行くほど年収は下がり、青森で234万円、秋田は212万円、南に下り大分で233万円、宮崎で231万円という結果となっています。
この結果のように都市部(人が多いところ)で年収が高くなる傾向にあります。


タクシードライバーの日勤・夜勤・隔日はどれが稼げる

タクシードライバーの勤務体系には日勤・夜勤・隔日があります。
日勤は昼間に働き夜勤は夜に働くことはわかりますが、隔日とはどのような働き方なのでしょうか。
隔日とは「1日おき」という意味で、その名の通り1日おきに勤務する体系です。
この中で稼げる勤務は夜勤と隔日です。
夜勤は、22時から5時までタクシーに乗ると夜間の割増料金が発生するため、売り上げが上がります。
隔日は、1日の勤務時間は20時間でその中で3時間の休憩時間を設けなければなりませんが、勤務時間が長い分、売り上げがあがります。
しかし、どちらの勤務体系もただタクシーに乗っているだけで売り上げが上がるわけではありません。
それぞれに工夫をこなし、いかにしてお客を獲得できるか努力を重ねること、そして実際にお客を獲得することが必須です。


タクシードライバーの収入を上げるには

タクシードライバーだけではありませんが、収入が上がらないと生活ができないのでどうにか頑張らなければなりません。
収入を上げるポイントを見ていきます。

情報を知っている

お客がいそうな場所の情報や、時間の情報、会社の終業時間帯の情報など情報を先取りしているタクシードライバーは収入が上がっています。
例えばバスや電車の到着時間や、イベント情報、お客を獲得できそうなスペースなど人が集まる、待機する、移動するこのような情報をいち早くキャッチすれば、収入が上がるタクシードライバーになれます。

無駄を省く努力をする

タクシードライバーにとって無駄とはお客を乗せていない時間です。
ついつい客単価が高いお客を狙いがちですが、そうそうそのようなお客に巡り合えるわけがありません。
少しでもお客にタクシーに乗ってもらい、時間の無駄を省きます。

タクシードライバーの仕事を好きになる

好きこそ物の上手なれという言葉がありますが、スポーツでも勉強でも仕事でも嫌々やっても結果が出ません。
特にタクシードライバーはお客に接する仕事ですので、嫌々な気持ちはお客に伝わってしまいます。
逆にタクシードライバーの仕事を好きになれば、接客態度も良くなり笑顔も増えて成績も伸びることでしょう。まずはタクシードライバーを好きになってください。


まとめ

タクシードライバーの給与事情をご紹介しました。
都会が収入が良く、田舎が悪いという傾向があるのは事実のようですが、しかし、最終的にはタクシードライバーという仕事に前向きに取り組めるか、タクシードライバーの仕事を好きになれるかどうかだということも給与を上げるためのポイントです。
タクシードライバー(タクシー運転手)の仕事をまず好きになること、そして努力を惜しまないことで給与事情も改善されていくでしょう。

参考リンク(平均年収)
https://taxi-driver.tokyo.jp/archives/1307

オススメ記事