「ドラEVER」省エネ取り組みと効果 動画公開


■「ドラEVER」省エネ取り組みと効果

運送業者単体での省エネの取り組みに加え、多様化する物流形態に対応する為、発着荷主との連携による効率化は、更なる効果を生んでいます。 省エネから労働環境の改善、運送業全体のイメージ向上へと繋げ、労働者不足の解消の1つの手段として、実例を紹介致します。

  1. 百年住宅とセンコーとのモーダルシフトへの移行事例



  2. つばさグリーンファームと心流通との運送業委託当初から現在の物流形態に至るまで



  3. 三幸食品と照栄物流との受発注システム構築からドライバー負担の軽減

平成29年度省エネルギー政策立案のための調査事業
(中小トラック事業者による省エネ取組促進事業)
経済産業省 資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部
省エネルギー課の事業参画

ドラEVER 省エネ取り組みと効果 公式ページ

アンケートにご協力お願い致します

動画をご覧になって

  1. 荷主と運送業社が連携して効率化を目指していることに興味はありますか?

  2. 物流業界へのイメージに変化がありましたか?

  3. 今後の物流業界のイメージ改善に何が必要だと思いますか?

  4. 現在物流業界に携わっている方へ
    • CO2削減に向け、企業での対策をしていますか?

    • 物流の効率化を行っている、または計画していますか?

    • 荷主または運送業社と定期的に話し合いをされていますか?

    • 前項で「している」と答えられた方へ、下記内容に当てはまるものにチェックをつけて下さい。