みなさんは配車マンというお仕事についてご存知でしょうか。物流業界・ドライバー業界においてはドライバーの方が人や物を目的地に運ぶことになるのですが、ドライバー業界においてはなくてはならないお仕事です。では、配車マンとはどのようなお仕事でしょうか。本編では配車マンのお仕事についてご紹介をしたいと思います。


配車マンとはどんなお仕事?

まずは配車マンのお仕事についてご紹介をしたいと思います。配車マンとは一言でいえば自社のトラックドライバー・タクシードライバーにトラックを配車して、それぞれの仕事を配分するお仕事です。具体的な業務内容としては以下の通りです。

  • ドライバーへの配達状況指示
  • 運行状況の確認
  • 交通状況の確認
  • 他社の配車係との連携

配車マンが無線や電話で指示を出しながら、トラックドライバーであれば新規や追加の集荷や配達内容を、タクシードライバーであればどこのお客さんに向かえばいいのかを伝えます。つまり配車マンが居なければ、彼らの仕事は回らないと言っても過言では無いでしょう。

また、全国各地の支店へ車を配車する配車マンは、積み忘れがないように配車し、積み残しや渋滞や通行止め道路事情のトラブルがあれば、他社の配車マンと協力して、トラブルを解決出来るように奔走することもあります。

また、バス乗務員の配車マンは、あらかじめ決まった路線を走るバスに対し、どのバス乗務員を、どの路線を担当させるのか、終着地から、次にどこに行かせるのかなど計画・実行させる仕事を行います。併せて、車の修理点検・車検などによるバックアップの都合をつけるというお仕事もあります。

以上のことから、配車マンとは、限られたドライバーとトラック・タクシー・バスをいかに有効に動かすことが出来るか、いわばドライバーたち全体の頭脳となるようなお仕事といえます。次に、配車マンの仕事の難しさや適性について説明していきます。


配車マンの難しさ・適性

一見、配車マンのお仕事は頭を使いそうではありますが、ドライバーと比較し、楽そうだと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実はこの配車マンの仕事はある意味ドライバーより大変だという見方もできます。ではどんな点が難しいのか、どんな人が適性があるのかという点について言及したいと思います。

人を見て仕事を分担させなければならない

配車マンはただ、全体の状況を見ながら車とドライバーに仕事を分担させるだけではいけません。なぜなら、ドライバー性格や能力、態度などを把握した上で、最善の配分をする能力が求められます。そうでないと、ドライバーたちの不満を買い、思った通り業務が進まなくなることも時としてあるからです。

そのため、全体を把握する能力はもちろんのこと、各ドライバーのことを知っておかなければなりません。車のこと、人のことなどあらゆることを把握する力が必要となります。

体力勝負の仕事になることもある

配車マンの仕事はトラックの配車だけではなく、空いた時間は雑用まで求められます。また、トラックが稼働している間は当然配車マンも業務についていなければなりません。そのため、拘束時間が10時間を超える事も多く、時に休憩が取れないというケースもあります。体力がないと務まらない仕事であるといえます。

人間力が必要

配車マンはドライバーに自分のいうことを聞かせる仕事です。しかし、ドライバーとて人間です。ましてや気性の激しい方もおり、いうことを聞いてくれないケースもあります。そのため、上述で人間性も考えなければなりませんが、それ以上に自分のお願いしたことを聞いてくれるような関係性も必要です。そういった観点で社内営業のできる人間力というのも求められるということになります。実は大変な仕事なのです。

配車マンの年収について

配車マンの年収については、会社によりますが、一般的なところで300~500万円程度とそんなに高い年収とは言えません。ただし、大企業や、独自性が強く儲かっている会社であれば600万円以上もらえるケースもあります。もし、配車マンの仕事に興味をお持ちの方は、求人票を確認し、情報収集を行うことが大事です。


まとめ

配車マンの仕事というのは、トラック・バス、タクシーといった業務につかう車とその車を運転する各種ドライバーをコントロールし、業務を最善かつ効率的に業務を進めるためのいわばドライバー業界の頭脳です。しかし、ただ頭脳であるだけでは勤まらない、人間力が求められる仕事です。

さらに、配車マンとは体力的なものも求められる非常に大変なお仕事といえます。しかし、この物を運ぶ、人を運ぶというお仕事は経済の根幹をなすお仕事です。人とモノが動かなければ日本経済は間違いなく成立しないといえます。

そして、配車マンのお仕事というのは、日本経済の根幹を支える頭脳となりうるお仕事であり、非常にやりがいを感じられることでしょう。高給取りというわけではありませんが、日本の物流・旅客を支える仕事に魅力を感じる方は、ドライバー業界の配車マンとしての門戸をたたいてみてはいかがでしょうか。


オススメ記事