ドライバー職というのは景気が悪くなると多少は新規に入って来る人がいますが、そのような状態にならないと常に人材不足に悩まされる職種の代表と言われています。

業務内容や仕事をする環境が一般的に考えられている労働環境と著しく異なっているのがその原因でもありますが、だからといって何もしないでいれば仕事量が増加しても行う人がいないため、仕事が受けられないという有り得ない状況が待っていることになります。

ドライバー職をこれからも継続させて発展させるためには人材は必要不可欠ですが、どうすれば効率よく人を集めることができるのでしょうか?


人が集まるためのいいサイクルを構築する

人間の行動とは不思議なもので、多くの人が向かっていると間違っていないと感じ、次々と人が集まって来る流れができます。その逆に人が行きたがらない道筋ができてしまうと、興味がある人でも躊躇してしまいます。

ドライバー職に人が集まりやすくなるためのいいサイクルで、大切になるのは次に挙げるものです。

ドライバー職のイメージアップのためのプロモーションに力を入れる

ドライバー職というのは「給料が安い・危険がつきまとう・拘束時間が長い」と新たな3K職場というイメージが定着しています。確かに以前までのドライバー職にはこの3Kが付きまとっていました。

しかし、現在はいろいろな手当てを付けたり、交通法規を守ることを念頭にして安全運転をすることを心掛けていて、シフトをうまく作ることで拘束時間を短くする努力を会社は行っています。この企業努力は社外にはあまり知られておらず、このようなイメージアップに繋がる行動についてはもっていろいろな場面でアピールしていくべきです。

入社した人に居心地がいいような職場環境に努める

ドライバーというのはよく知らない人には気が荒くて口が悪いという印象を持っていますが、これは大きなデメリットになっています。気が荒いのは時間が指定されていて、その時間内に仕事を完了しなければいけないために自然と口調もきつくなってしまいます。

このドライバーを行っている人が短気で口が汚いという印象は、会社の社員教育で大幅に改善しています。ところが、そのような会社の努力についても社外に発信していないため、いつまで経っても改善されていることを知らない人が多くなっています。


退職者が多かったり、新規に入る人が少ないというデータを作成していない

大きな会社になると従業員の管理にはとても注視していて、特に退職者が出るとどうして退職したのかその理由をデータ化し、以後に同じような理由で退職する人を防ぐ努力をします。

しかし、ドライバー職では全てではありませんが多くの事業所で、退職しても個人的な理由として是正することもなく、データ化をして以後に役立てることをしていません。

このデータ化をすることで得られるメリットとは何でしょうか?

自分の会社で従業員が嫌悪している部分がわかる

求人方法というのはあまり変わった形式は取りませんが、ドライバー職というのは一般的な企業と給与体形や業務内容が違っているため、同じ方法を行って成功するのが難しいのは当然です。

そのため求人方法もデータ化して、どのようなやり方をすれば効果的なのか分かれば、それからは無駄な求人方法はとらなくなります。データというのは記録であり、何もしなければどうして人が集まらないのかわからないまま、無駄な費用ばかりかけてしまいます。

求人のやり方でよくない部分がわかる

求人方法というのはあまり変わった形式は取りませんが、ドライバー職というのは一般的な企業と給与体形や業務内容が違っているため、同じ方法を行って成功するのが難しいのは当然です。

そのため求人方法もデータ化して、どのようなやり方をすれば効果的なのか分かれば、それからは無駄な求人方法はとらなくなります。データというのは記録であり、何もしなければどうして人が集まらないのかわからないまま、無駄な費用ばかりかけてしまいます。


いいサイクルを実現するための流れとは

求人というのは人間の判断力が全ての鍵を握っているので、いい求人活動を実現するためには、いい印象を持ってもらう努力が必要になります。そのような努力をせずにただ人が集まらない、退職者が多いという現実だけを見ているからこそ、いつまでも人材不足が解消できないのです。

いいサイクルを構築するためには、いきなり実行する前に計画を立てるのが重要であり、そのためには資料といったデータの必要性が考えられます。新規で立ち上げた会社であればそのようなデータがありませんが、何年も事業を継続していればデータを作成するのは可能です。

データができたら次に時代のニーズに合わせて雇用条件や労働環境を改善し、他の業種よりも興味を持たれる情報を提供してみましょう。そのためには独自にプロモーション技術を高め、それを効果的に発進して認知度を高めることができます。

このように多くの人に知ってもらうことで、ドライバー職に対して抱いていた印象や間違った認識を改めてもらうことができ、自然に応募者数が増えていきます。多くの人が注目すれば求職者が応募をしてよかったという満足度も自然に高まり、いいサイクルを作ることが可能になるでしょう。

こうしていいサイクルが出来上がれば再びこの流れをデータ化して利用することができます。人材不足が継続的に続いている業種というのは現実を直視して認識し、それを改善して広くその内容を知ることに努め、対象者にその内容を知ってもらうことが大切なのです。


まとめ

ドライバー職に人が集まりにくく、定着率も悪いという理由がお分かり頂けましたでしょうか?ドライバー職でも大手と中小の会社では元から認識が異なっているので、自分の事業所に適したサイクルを考えるのが大事になってきます。

以前まではハローワークを利用するか紙による求人広告を見る程度しか方法がありませんでしたが、現在はインターネットを使ったり、職場体験をして会社を知ってもらう努力を行っているので、求職の環境が変化していると言えます。

ドライバー職は現状をあまり見ずに、同じような求職活動を続けていたので人手不足が続いていましたが、今は変えて行くための流れができつつあり、今後に期待できます。

ドライバー職というのは人間がいなければ成り立たない職種であり、物流ドライバーは特にこれから発達することが見込まれている業種として希望が持てるので、ドライバー職を理解して一人でも多くの人が選択してくれることを願います。


オススメ記事