近年、日本では高齢化が進み企業の戦力となる若年層の減少により、人材不足に悩む企業が増えています。このままでは、人手不足により倒産する日本企業が増える一方です。

そんな中、独自の取り組みにより人材確保に成功した企業も存在します。ここでは、人材確保に成功した企業が行った独自の対策をご紹介したいと思います。

人材不足に悩む企業が人材を確保するためのヒントにしてみてください。


業務内容や職場環境を変えて従業員が働きやすくする

人材を確保するためのアプローチの方法は大きく分けて二種類あります。

一つは、働き方や環境を改善して従業員が働きやすい職場づくりをすることで、人材が集まるようにする方法、そしてもう一つは人材の確保の仕方を変える方法です。どちらか一方の対策だけではうまくいかないこともありますから、まずは社内の改革から着手し両面から対策を打つのが望ましいでしょう。

業務内容や職場環境を変えて従業員が働きやすくするという方法は、前者に当たります。

業務や環境の変更の仕方には色々な方法があります。例えば、24時間営業している店舗の深夜営業を取りやめる、お客様へのサービスを一部減らすなどして、従業員の負担を減らす方法です。ただし、業務を制限することによる売上ダウンなどの影響も考慮しなければなりません。

他にも、人の手で行っていた業務をツール化して従業員の負担を減らすこともできますし、社内に気軽に社員が利用できる休憩所やカフェを設けて職場環境を改善することで職場環境を改善できます。

これらの方法は直接人手不足を解消する一手になるわけではありませんが、じわじわと会社の人気を高めることができるでしょう。


早朝勤務やフレックス勤務など働き方の幅を広げる

働き方を変えることでより効果的に人材不足を解消したいなら、早朝勤務やフレックス勤務など働き方の幅を広げる対策が適しています。

もちろん、既存の従業員の意見も参考にしながら、進めていく必要があります。子育て中の女性なら、早朝から働いて3時、4時に帰宅できれば、子供を保育所に迎えに行く前に買い物や家事を済ませることができるでしょう。フレックス勤務制度が導入されれば、混雑する通勤時間を避けて通勤することができ、従業員の負担が軽くなります。このように、勤務時間に関する会社の規定を変えたり、在宅勤務制度を導入したりすることで、従業員の働く環境は大きく変わります。

従業員には、家事や子育て、親の介護など仕事以外のことを誰かに全て任せて、自分の仕事にのみ注力できる人ばかりではありません。子育て中の人や親を介護中の人、病気療養中の人など様々です。多様な人材がそれぞれのライフスタイルに合った働き方を選択できれば、採用できる人材の幅が増えるはずです。

会社の創業当時から9時から5時までが定時と決まっている、在宅勤務など対応したことが無いなどという企業でも、既存の社内規定や働き方をもう一度見直すことはできないか考えてみると良いでしょう。


社員育成に力を入れる

社内の社員育成事業に力を入れるというのも、良い方法です。

社内で必要とされる資格取得のための受験料や勉強のためのテキスト購入費用を会社が負担する、研修会を会社で開催するなどの方法で、社員の育成を会社がサポートするのです。

特に、大型車両や特殊車両などの資格の有無が昇給に大きく影響する運輸業や建設業などで、この方法は有効です。

会社としても有資格者や有スキル者が増えることで企業力が高まりますし、従業員としても昇給や仕事のやりがいアップにつながりますから、両者にメリットがあります。

もちろん、会社としては育成のためのコストがかかるというデメリットがありますし、せっかく育成した社員が他社に流出しないように対策をしなければなりません。しかし、社員の育成が成功し社内に実力者が数多く育てば、初期投資以上のメリットを得られるのは間違いありません。そして、社内育成が活発であるということを社外に宣伝できれば、人材が集まってくるでしょう。


自社に合った層に人材確保の幅を広げる

業務や環境の変更、働き方の改善、社員育成事業の立ち上げなど社内の改革が進んだら、その改善点を社外にアピールして人材確保の幅を広げるチャンスです。

自社の改善ポイントに合った層に人材確保の幅を広げましょう。

業務を削減したり社内のIT化を進めたりしたことをアピールすれば、より多くの人材確保につながります。早朝勤務やフレックス勤務、在宅勤務などに対応できれば、子育て中の女性や高齢者などに人材確保の幅を広げることができます。また、社内の育成制度が充実していることをアピールすれば、他業務から未経験者を集めることもできるでしょう。

今まで目を向けなかった人材にも目を向けることで、人材確保の幅が広がり多くの人材が集まる可能性があるのです。

まとめ

今まで通りのやり方を貫いていても、今まで以上に人材を確保することは難しいです。そのため、人材が集まる魅力的な会社にするために、社内の改善や変更を行って従業員が働きやすい環境を整えることが先決です。そして、その改善点をアピールすることで、人材確保の幅が広がるでしょう。

人材確保に成功した企業は、このような社内の思い切った改善に着手しています。従業員が働きやすい環境にするためにはどうすれば良いのかを、まずは考えてみてはいかがでしょうか?


オススメ記事