チルド食品とは


5°Cから-5°Cのチルド温度帯による管理が要求される食品のこと。
加熱、解凍ですぐ食べられる冷凍食品とは違い、生麺や肉類、ゼリーやケーキなどのデザートや惣菜、スープといったものが該当する。