その用語

総量ピッキング

伝票単位ではなく商品単位の総数でピッキングする方法。 トータルピッキングとも呼ばれ、動線量を圧縮することで効率的な作業が可能となる。