ドライバー不足原因解消する為の対策を、「若年層」と「女性」の2つのケースに分けてご提案しています。ドライバー不足の問題解決に是非お役立てください。

若年層への対策

若年層への対策

業界の将来を担う若い世代の人材を獲得するには、入社前に働きやすさや将来性を感じられるようなアピールが必要です。

未経験でも挑戦できる教育体制

これまでドライバーとしての経験がない若い方でも、教育していける環境を整えることが人材確保につながります。質問しやすく助けを求めやすい職場の雰囲気を作る、資格取得を支援する制度を設けるなど、スタッフの働きやすさに力を入れてみてはいかがでしょうか。

就職後のキャリアパスの提示

将来性を感じられる仕事には、応募者が自然と集まります。取得する資格や役職に合わせた優遇策、ロールモデルとなる先輩ドライバーの存在など、将来像をイメージしやすいキャリアパスを提示できるようにしましょう。

定着率の良さをアピール

長く働くことを考えている求職者にとって、スタッフの定着率はとても気になるポイントです。勤続年数が長いドライバーが多数在籍していることは、立派なアピールポイントになりますので、ドライバー不足を感じているなら是非とも定着率の高さを強調しましょう。

女性求職者への対策

女性求職者への対策

女性ドライバーを雇用することは、企業のイメージアップに繋がりますし、女性ならではの仕事の細やかさは取引先にも喜ばれます。女性の求職者に興味を持ってもらうには、男性が多い職場でも女性が働きやすい環境を整備することが一番の対策です。

家庭と両立できる働き方に

家庭の時間を確保できる働き方は、職業を選ぶ際に重要なポイントとして考える女性は少なくありません。その為、家庭を持っている方に対して柔軟な働き方の実施や託児所の設置などを、一度検討してみてはいかがでしょうか。

女性も働きやすい環境を整える

更衣室やお手洗いが男性用しかないなど、男性の比率が多い職場は女性にとって働きづらい一面もあります。そこで、職場の美化や清掃を徹底する、女性用の更衣室やお手洗いを設けるなど、女性が快適に働ける環境を整えることが大切です。

求人情報をネットに掲載するなら、ドライバーの求人に特化しているドラEVERにご依頼ください。求職者は条件にあった求人情報を簡単に検索することができ、企業は動画や写真でスタッフの声や職場の雰囲気をアピールすることが可能です。