イイ仕事をするトラック運転手になる為に

トラック運転手としてイイ仕事をするには、疲労に対するケアが欠かせません。そこで、こちらでは疲労をケアする方法を、いくつかピックアップしてご紹介いたします。ドライバー求人への応募を考えている方は是非チェックしてみてください。

座席を身体に合わせる

座席の位置や角度が身体に合っていれば、長時間の運転でも疲れを感じにくくなります。
深く座席に座った状態でアクセルとブレーキに足を伸ばし、足が完全に伸びきらない位置にシートを合わせます。背もたれは、腰との間に隙間が生まれないように調整しましょう。

仮眠を取る

15分から20分程度の短時間の仮眠でも、心身をリフレッシュさせ、低下した集中力や思考力を回復させることができます。特に長時間運転するトラック運転手は、安全運転の為に仮眠の時間も設けるようにしましょう。

定期的に休憩を

定期的に休憩を

疲れを溜め込まないようにする為に、1時間もしくは2時間毎にパーキングエリアやサービスエリアで下車しましょう。立ち寄った際は、必ず車から降りるのがポイントです。

休憩中も座っていると血液の流れが改善されず、判断能力が低下することもあります。新鮮な空気を体内に取り込み、腕や足のストレッチをして全身の血行を促しましょう。

目の疲れは冷やす

目の疲れを感じた時にはアイシングがおすすめです。目元を冷やすことで血液の循環が促され、充血や疲労が軽減されます。アイシングの方法は、凍らせた保冷剤や氷をハンカチに包んで、目元に5分から10分程度当てるだけです。目の疲労をそのままにしていると、頭痛や肩こりなどにつながることもありますので、しっかりとケアしましょう。

トラック運転手の求人なら、情報満載のドラEVERでお探しください。動画や写真で求人情報を分かりやすく紹介しており、大型トラックドライバー・中型トラックドライバー・小型トラックドライバーなどの職種、正社員・契約社員・アルバイトといった雇用形態などから絞込み検索が可能です。高収入を目指している方からプライベートを充実させたい方まで、希望通りの求人情報に出会いたい方は是非お役立てください。