日本の景気が上向いていた頃に比べて、人材確保に悩んでいるという業界ニュースを度々耳にすることもあると思います。運送業界もその内の一つで、ドライバー不足の問題を感じている企業は少なくありません。

ドライバーが不足している現状

ドライバーが不足している現状

国土交通省の調べによると、運送業界全体で若い世代のドライバーが減少傾向にあり、高齢ドライバーの割合が高まっているようです。少子高齢化が進むと言われている日本では、今後さらに深刻なドライバー不足に発展するのではと心配されています。物流を担う人材を確保する為に、運送業界はその原因を洗い出し、解消に向けた対策を取る必要があります。

ドライバー不足の2つの要因

給与面

ドライバー不足の2つの要因

トラックドライバーを例に挙げると、稼げるドライバーのほとんどはトレーラーや10トン車などの大型免許取得者です。ただ、この大型免許は取得するのに30~40万ほどかかる為、もともとドライバーを目指している方や車好きな方でなければ、そう持っている資格ではありません。

今は若年層の車離れがささやかれている時代でもありますので、ドライバーを志願する若い人も少なくなっているのが現状です。

労働時間

「プライベートの時間も大事にしたい」と考える若い世代が増えていることも、ドライバー不足の一因です。ドライバーの仕事内容によっては、仕事に割く時間が長くなる場合があり、そのことが自分の時間を持ちたいと考える若い人を敬遠させているようです。

ドライバー不足の解消に「ドラEVER」

ドライバー不足の要因として挙げられている給与は、資格を取得してキャリアアップしていくことで高収入を目指せますし、プライベートの時間も確保できる職種や仕事内容はあります。それでもドライバー不足で悩んでいるなら、求職者が就職後のイメージを描きにくいという問題があるのかもしれません。

ドライバー未経験の方にとって、入社後のイメージは見えにくいものです。ドラEVERでは、その問題の解決をお手伝いしています。仕事内容や就労時間などの基本要項だけではなく、写真や動画でも情報をお伝えすることが可能な為、異業種からの転職を考えている方も求人を行う会社やスタッフ同士の雰囲気を知ることができます。

ドライバー専門の求人サイト、ドラEVERでは、動画と写真で求人をしている会社の雰囲気や、生の声を求職者へ向けて発信しています。求人媒体をお探しでしたら、是非ご利用ください。