小型や中、大型、トラックドライバーに必要な資格(免許)

正社員・アルバイト求人雑誌などで、数ある募集広告の中からトラック運転手に目を留めたことがある方はいらっしゃいますか。小型から大型まで、トラック運転手に欠かせない資格についてご説明しています。少しでも興味をお持ちでしたら、是非ご覧になってみてください。

普通免許

トラックは、中型免許や大型免許がなければ運転できないと思われがちですが、そんなことはありません。18歳になれば取得できる普通免許でも、トラック運転手として仕事を始めることができます。ただし、免許を取得した時期により運転できるトラックに違いがあります。

2007年6月以前に取得した普通免許なら、「車両総重量8トン未満・最大積載量5トン未満・乗車定員10人以下」の車両が運転可能です。その後に取得した運転免許の場合は、「車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満・乗車定員10人以下」の車両が運転可能になります。

中型免許

中型免許

「年齢が20歳以上」「普通免許、または大型特殊免許の取得から2年以上経過していること」この2つの条件を満たしている方は、中型免許を取得することが可能です。

中型免許があれば、「車両総重量11トン未満・最大積載量6.5トン未満・乗車定員30人以下」の車両を運転できます。トラック運転手の仕事の幅を広げられるので、応募できる求人も増えます。さらに高収入も望めますし、就職にも有利に働きます。

大型免許

「年齢が21歳以上」「普通免許、または大型特殊免許の取得から3年以上経過していること」この2つの条件を満たしている方は、「車両総重量11トン以上・最大積載量6.5トン以上・乗車定員30人以上」の車両が運転可能になります。大型トラックはもちろん、ダンプカー・タンクローリーなどの車両も運転できるようになります。

トラック運転手の求人をお探しなら、是非ドラEVERでチェックしてみてください。幅広い職種のドライバーの求人情報を多数掲載しております。所持している免許の種類で検索することが可能ですので、ご自身にあったお仕事を簡単にピックアップできます。