仮設トイレメーカーの当社は未来を見据えた企業戦略で、時代のニーズにあったサービスを提供し続けます。

設立時、「現場の様々なニーズにお応えする企業でありたい」という理念のもと、仮設トイレの販売からレンタル事業へとビジネス領域を拡大。日本各地に事業所・配送センターを設立するまでに至りました。そうした中でも、当初の理念は現在でも変わらず受け継がれています。
これからの建設現場やイベント事業を取り巻く環境は、安全性・スピード・コンプライアンスなど、より一層の対応を求められると予想されます。さらに、新しいプロダクト開発や独自のサービス展開なども大変重要視されてきます。そうした時代の流れと、お客様のご要望に応えるには、社内環境・インフラをより充実させ、働きやすさを追求していくことも重要な課題のひとつだと考えています。
会社概要
会社名 旭ハウス工業株式会社
本社所在地
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅(その他)5-5-22名駅DHビル5F
創立 1975年8月
資本金/売上 1億円/70億円
従業員数 300名
車両保有台数
計: 100台
代表者名 代表取締役社長 武陵 守利
事業内容 住宅建築現場・イベント現場向け仮設トイレ・仮設資材の販売・レンタル
ユニットハウスの販売・レンタル
その他 建設関連資材の開発・販売・レンタル
主要取引先
Webサイト https://www.asahi-house.com/
その他

募集中の求人一覧

小型トラックドライバー

事業所 愛知小牧配送センター 他
勤務地 愛知県小牧市
月収例 40万~100万円
  • 休日4日以上
お仕事内容
一日の流れ

自宅から配送先へ
一日に作業を行う現場は数件ほど。毎朝、自宅から最初の現地へ向かいます。

作業開始
現地へ到着したら、作業伝票や現地資料を確認し作業にとりかかります。作業時間は商品によって異なります。

作業終了~次の現場へ
現場作業が終了したら次の現場へ移動します。1日の現場数は作業内容と作業時間によって変わります。

配送センターへ
全ての作業が終了したら、配送センターへ終了の報告と帰社時間を伝えます。

商品の荷下ろしと検品
配送センターへ到着したら、業務スタッフと検品後、荷下ろしを行います。

伝票作業
その日の作業伝票をチェックし、業務スタッフに報告します。同時に翌日の作業伝票を受け取り、注意事項などの指示を受けます。

荷積み
翌日の作業伝票を確認しながら、指定された商品を積み込みます。

帰宅
積み込みが終われば帰宅します。お疲れさまでした。明日も一日よろしくお願いします!